新着トピックス

岩手県で「メガソーラーシェアリング発電所」が完成

2018/07/31

7月30日(月)

ナカタケ展示場発電量     298.4kw/h

 

sj_sha20180720_002

 

【太陽光で発電するとともに、 その下の農地で大麦を栽培】

 

岩手県一関市で建設中だった出力2.6MWの営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング)が完成しました。

最大の特徴は、太陽光による発電と同時に大麦の栽培をしている点です。

 

耕作に必要な太陽光を確保するため太陽電池モジュールを一定の間隔を空けて配置し、大型農機で作業できるように

モジュールと地面との間にも適切な高さをとっています。

 

年間想定発電量は約3GWhで、一般家庭の約687世帯分の年間使用量に相当します。

この発電所では20年間にわたり、発電事業収入の一部を「営農支援費用」として一関市の藤沢農業振興公社に支払うことで、地域創生に貢献します。

ナカタケの力

2018/07/30

週末3日間の発電量

 

7月27日(金)

ナカタケ展示場発電量     295.0kw/h

 

7月28日(土)

ナカタケ展示場発電量    231.7kw/h

 

7月29日(日)

ナカタケ展示場発電量    283.2kw/h

 

1308-1[1]

 

【ナカタケの力】

 

北陸の気候風土のもとでナカタケが葺き上げる瓦屋根は機能性と耐久性、そして美しさでみなさまから

常に高い評価をいただいています。

また、環境を汚さない太陽光発電、自然の力を利用して環境エコロジーに対応する技術も確立。

 

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

全天候型発電システム

2018/07/27

7月26日(木)

ナカタケ展示場発電量     278.8kw/h

 

sj25_p5_china_20180718_kae

 

【晴天時でも雨天時でも発電できる全天候型の発電システム】

 

中国の東呉大学の研究チームは、太陽電池と摩擦帯電型ナノ発電機の仕組みを統合し、

太陽光と雨滴で発電することができるハイブリッド方式の発電システムを開発しました。

晴天時の昼は太陽光で発電し、雨天時には昼夜を問わず、2種類の透明なポリマーシートで

雨滴をとらえて雨滴との摩擦から電力を生成することができます。

発電量が天候によって変動しがちな太陽光発電のデメリットを解消する全天候型の

発電システムとして早期の実用化が期待されています。

台風12号

2018/07/26

7月25日(水)

ナカタケ展示場発電量 272.1kw/h

yjimage

 

【台風12号】

 

台風12号が暴風域を伴ってあすには小笠原付近に接近する見込みです。

その後、本州にも近づくおそれがあるため、最新の台風情報に充分ご注意ください!

屋根に少しでも疑問や不安などがあれば、お気軽にご相談下さい。

 

表彰状・感謝状

2018/07/25

7月24日(火)

ナカタケ展示場発電量   287.2kw/h

 

 表彰状6

 

【表彰状・感謝状】

 

ナカタケは創業以来、屋根のプロ集団としてお客様に満足いただけるサービスを目指し、

こんなに多くの表彰状・感謝状等をいただくことができました。

 

これからも最高の品質・サービスを提供し、ますます皆様に愛され信頼されるよう努めてまいります。

粘土瓦の特徴

2018/07/24

7月23日(月)

ナカタケ展示場発電量   306.0kw/h

 

 

【粘土瓦の特徴】

 

・自然素材の粘土瓦

・美観も長持ち

・塗り替えがいらない 耐久性

・小屋裏が暑くならない 断熱性

・雨音が気にならない 遮音性

・地震に強い 耐震性

・台風に強い 耐風性

・雪にも強い 耐寒性

シャープサンビスタメンバー

2018/07/23

週末3日間の発電量

 

7月20日(金)

ナカタケ展示場発電量      300.0kw/h

 

7月21日(土)

ナカタケ展示場発電量       293.8kw/h

 

7月22日(日)

ナカタケ展示場発電量       300.5kw/h

 

表彰状2

 

【シャープサンビスタメンバー】

 

2017年、シャープ株式会社様より

シャープエネルギーソリューションシステムの特約店としての活動に対し表彰状をいただきました。

2018年度も弊社の販売・施工実績、アフターフォローなど高評価をいただき、

引き続き、「シャープサンビスタメンバー」として認定されました。

今後もスタッフ一同、より一層技術の向上に励み、お客様にご満足いただけるよう頑張ってまいります。

「瓦+電気」専門分野を活かした 職人力

2018/07/20

7月19日(木)

ナカタケ展示場発電量   307.3kw/h

 

1308-2[1]

 

【「瓦+電気」専門分野を活かした 職人力】

 

ナカタケでは屋根の専門家「瓦葺き技能工」と「電気工事施工管理士」によるプロ集団が、

チーム力を生かした施工に取組んでおりますので、安心かつ確実です。

 

エネルギーを創る太陽光発電は「屋根瓦のプロ」におまかせ下さい!

重ね葺き

2018/07/19

7月18日(水)

ナカタケ展示場発電量   301.0kw/h

 

yjimageA3L25W5B

 

【重ね葺き(カバー工法】

 

重ね葺きとは、被せ張り、カバー工法とも呼ばれ、既存の屋根を撤去せず、上から重ね張りする

屋根のリフォーム方法です。

屋根を解体しないので

 

○工事期間が短くなる

○解体の人件費や廃材の処理費用がかからない

○アスベストの影響がない

○屋根が二重になり、断熱性・防音性・防水性が向上する

 

などのメリットがあります。

 

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に☺

太陽光発電の設置費用

2018/07/18

7月17日(火)

ナカタケ展示場発電量   296.2kw/h

 

yjimageWHRK1XA7

 

【太陽光発電の設置費用】

 

太陽光発電の設置費用は年々下がってきています。

 

○太陽光発電が普及したことで大量生産による低価格化が進んだこと

○工事の技術が上がり、設置費用が安くなったこと

が大きな理由です。

 

また、太陽光発電の発電効率が高くなり、パネル枚数が少なくても発電量が多くなりました。

 

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

 

強く美しい屋根

2018/07/17

週末4日間の発電量

 

7月13日(金)

ナカタケ展示場発電量       284.1kw/h

 

7月14日(土)

ナカタケ展示場発電量        309.4kw/h

 

7月15日(日)

ナカタケ展示場発電量       309.6kw/h

 

7月16日(月)

ナカタケ展示場発電量       298.0kw/h

 

img20061031_2_p[1]

 

【強く美しい屋根】

 

昔も今も、わたしたちの住まいを雨露・風雪・日照などの厳しい自然作用から守る「屋根」。
時代とともに、その形状・素材には多少の変遷は見られるものの「公配屋根に耐水材葺き」は

不変の基本設計思想です。

私たちナカタケでは、伝統の良さだけに囚われず、時代の要望に即した高機能・高美装性を有する

新しい世代の屋根もご提供していきます。

 

太陽光発電の地震対策

2018/07/13

7月12日(木)

ナカタケ展示場発電量   144.4kw/h

 

yjimage

 

【太陽光発電の地震対策】

 

太陽電池は、30項目もの厳しいテストをクリアしています。

質量も瓦の1/3とし、屋根へのストレスを非常に小さくしています。

屋根取付け専用フレームにより地震や風のストレスを太陽電池へ直接かけない構造となっています。

蓄電池システムの特長

2018/07/12

7月11日(水)

ナカタケ展示場発電量   217.9kw/h

 

home_battery_01

 

【蓄電池システムの特長】

 

1. 発電しすぎた余った電力を蓄積できる。

2. 停電しても発電した電力を使えて無駄がない。

3. 抑制時なども余剰電力をしっかり蓄積。

4. 屋外、屋内ともに大容量、停電時にも長く使えて安心。

5. 小型軽量化で設置スペースを節約。工事も簡単。

高まる蓄電池の需要

2018/07/11

7月10日(火)

ナカタケ展示場発電量   282.3kw/h

 

img09 

 

【高まる蓄電池の需要】

 

再生可能エネルギーなどの拡大を追い風に蓄電池の需要は国内外で高まっています。

天候が悪くても蓄電池を使えば1日を通して電気が使いやすくなります。

エネルギー基本計画では、再エネの発電比率を16年度の約15%から30年度に22~24%に

する目標を掲げ、発電事業者向けの蓄電システムの普及が重要視されています。

一方で自宅使用に必要な住宅用蓄電池の需要も広がりそうです。

梅雨明け!

2018/07/10

7月9日(月)

ナカタケ展示場発電量   284.5kw/h

tuyu

 

【梅雨明け】

 

新潟地方気象台は9日、北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表しました!

 

平年より15日、8月にずれ込んだ昨年より24日早く、1951(昭和26)年の統計開始以来

2001年の7月2日、1978年の同8日に次いで3番目に早い梅雨明けとなりました。

 

金沢地方気象台は、向こう1週間は高気圧に覆われて晴れる日が多くなると予想しています。

熱中症にはくれぐれもお気を付けて下さいね☺

強く美しい屋根を葺く伝統力

2018/07/09

週末3日間の発電量

 

7月6日(金)

ナカタケ展示場発電量       52.0kw/h

 

7月7日(土)

ナカタケ展示場発電量        45.1kw/h

 

7月8日(日)

ナカタケ展示場発電量       243.2kw/h

 

IMG_2048IMG_2083

 

【強く美しい屋根を葺く伝統力

 

ナカタケは創業以来、職人技術、実績、信頼性においては北陸でトップクラスの評価を

受けています。

 

伝統の和瓦から新素材の屋根材まで施工技術は完璧です。

 

瓦1枚のご要望でもお気軽にお声かけ下さい!

壊れた太陽光発電 JPEAが対処法を紹介

2018/07/06

7月5日(木)

ナカタケ展示場発電量   25.4kw/h

 

cf6UOirgtsoLngX1vGXTzu9zkPTQo80l3pUMDuvy

 

【壊れた太陽光発電を素手で触らないで!】

 

太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)は、震災によって被害を受けた太陽光発電システムの取り扱い上の留意点を

まとめ公表しました。

太陽光電池パネルは、破壊されていても発電し感電の恐れがあるため、一般の人は危険なので絶対に触らないこと。

また、被害へ対処する場合は、購入の販売・施工業者に連絡し適切な処置を依頼することを呼び掛けています。

台風

2018/07/05

7月4日(水)

ナカタケ展示場発電量   122.3kw/h

 

yjimage

 

【台風7号】

 

この台風は、7月4日午後3時に温帯低気圧に変わりました。

瓦の破損・雨漏りなど異常が見つかったら小さなことでも迷わずご相談下さい。

太陽光発電のメリット

2018/07/04

7月3日(火)

ナカタケ展示場発電量   214.3kw/h

 

201505201338_WkhiU

 

【太陽光発電のメリットとは?】

● 地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を削減できます。

● 石油・石炭などの化石燃料を使わないので、ランニングコストがかかりません。

● 日中、発電した電力を家庭で使うほか、余った電気は電力会社に売却できます。

● 電気の使用量をモニターで確認できるので、節電意識が高まります。

● 災害時には、非常用電源として使えます。

季節の花

2018/07/03

7月2日(月)

ナカタケ展示場発電量   307.7kw/h

 

image

 

【桔梗(キキョウ)】

 

秋の七草のひとつですので、秋の花のイメージがありますが、開花時期は夏です。
万葉集で詠まれている朝顔は桔梗のことだそうです。
すっと伸びた姿が清々しく感じるからでしょうか、武士が好んだ花のようで、家紋にも用いられています。
桔梗の花を神や仏に捧げて吉凶を占っていたそうですよ☺

🌼花言葉🌼

「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」

台風7号

2018/07/02

週末3日間の発電量

 

6月29日(金)

ナカタケ展示場発電量      154.1kw/h

 

6月30日(土)

ナカタケ展示場発電量       218.7kw/h

 

7月1日(日)

ナカタケ展示場発電量       275.4kw/h

 

yjimage

 

【台風 7号】

 

台風7号は沖縄本島地方にかなり接近しています。

今後の台風の動きにはご注意ください!

屋根に少しでも疑問や不安などがあれば、お気軽にご相談下さい。

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002