新着トピックス

屋根瓦施工

2016/01/29

1月28日(木)

ナカタケ社屋発電量   10.0kw/h

CO2削減量          4.1kg

ナカタケ展示場発電量   108.6kw/h

 

index

 

【屋根のことならナカタケへ!!】

 

ナカタケは瓦屋根が醸す風格ある落ち着いた佇まいと、コロニアル屋根が生む軽やかで清新な佇まいの双方を

手掛けています。

 

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!

ご相談はお気軽に!

パリではエコ企画が続々進行中

2016/01/28

1月27日(水)

ナカタケ社屋発電量    3.0kw/h

CO2削減量          1.2kg

ナカタケ展示場発電量    60.5kw/h

 

SEN16_F_main

 

【太陽光パネル義務化の法律が可決 パリではエコ企画が続々進行中!】

 

商業地区に新築されるビルの屋上に、太陽光パネル設置か植物植え付けを義務付ける法律が、2015年3月にフランスで可決されました。

古い伝統建造物を使い続けるフランスは、日本よりも新築の数は少なく、新築に限らず環境に配慮した政策は数々

行なわれています。

運動エネルギーを夜間照明電力に

2016/01/27

1月26日(火)

ナカタケ社屋発電量   16.0kw/h

CO2削減量          6.5kg

ナカタケ展示場発電量   135.2kw/h

 

SEN12_01a

 

【サッカー場内でステップを踏むだけ! 運動エネルギーを夜間照明電力に!!】

 

ブラジル リオデジャネイロのスラム街に住む子供たちは、頻繁に起こる電力不足の影響で、日の入り後は大好きなサッカーをプレーする事ができませんでした。

そこで、イギリスのベンチャー企業Pavegen社は、大手石油企業Royal Dutch Sel社をスポンサーに、人間の歩行

エネルギーを吸収して電力を生み出すという、ハイテクなタイルを研究開発し、そのうち200枚ほどを、サッカー場

の人工芝の下に敷き詰めました。

 

子供たちのステップ、ジャンプ、キックなどの運動エネルギーをタイルが吸収し、夜間照明の電力が創出される

という仕組みです。

 

太陽光発電システムでの電力供給と併用して行われ、この革新的な取り組みによって、リオデジャネイロのスラム街の子供たちは、ナイターゲームを楽しむことができようになったそうです。

世界最大の水上フロート型メガソーラー

2016/01/26

1月25日(月)

ナカタケ社屋発電量    5.0kw/h

CO2削減量          2.0kg

ナカタケ展示場発電量    18.6kw/h

 

20160122_a

 

【世界最大の水上フロート型メガソーラー、千葉県・山倉ダムで建設開始!】

 

この「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」は、工業用水専用の同ダムの水面約18万平方メートルを利用し、

太陽電池パネル約51,000枚を設置する計画で、2017年度中の稼働開始を予定しています。

同発電所の出力規模は約13.7MW、年間予想発電量は約1,617万kWh(一般家庭約4,970世帯分の年間電力消費量に相当)で、年間約8,170トンのCO2削減が見込まれます。

着工済みの水上設置型としては世界最大規模となります。

日本の蓄電池事情

2016/01/25

週末3日間の発電量

 

1月22日(金)

ナカタケ社屋発電量         1.0kw/h    CO2削減量   0.4kg

ナカタケ展示場発電量       8.5kw/h

 

1月23日(土)

ナカタケ社屋発電量        3.0kw/h   CO2削減量    1.2kg

ナカタケ展示場発電量     74.8kw/h

 

1月24日(日)

ナカタケ社屋発電量      1.0kw/h     CO2削減量    0.4kg

ナカタケ展示場発電量     10.8kw/h

 

SJD13_battery_graf

 

【日本の蓄電池事情の今とこれから】

 

経済産業省は2020年に世界の蓄電池市場が20兆円規模に拡大すると予測しています。

蓄電池は再生可能エネルギーの普及に合わせ、電気を安定・安心して供給するキーデバイスとして注目が高まって

います。

なかでも住宅用太陽光発電においては、バックアップ電源として本格的な実用化が始まっています。

また、産業用もビルエネルギーマネジメントやスマートコミュニティの開発により、コージェネレーションシステム(熱電併給)や再生エネ設備と一体となった充・放電システムとして導入が始まろうとしています。

普及への最大の課題はコストの引き下げで、日本は国と企業が協力して、長寿命かつ低コスト化に取り組んで

います。

2016年度の太陽光発電の買取価格はどうなる?

2016/01/22

1月21日(木)

ナカタケ社屋発電量     4.0kw/h

CO2削減量           1.6kg

ナカタケ展示場発電量    69.9kw/h

 

201505201607_QUQMK

 

【2016年度の太陽光発電の買取価格 議論がスタート】

 

経済産業省は19日、調達価格等算定委員会(第20回)を開催し、固定価格買取制度(FIT)に基づく2016年度の

買取価格についての議論を開始しました。

2015年度の太陽光発電の買取価格は、非住宅用(10kW以上)が「29円/kWh+税」(4月1日~6月30日は)、「27円/kWh+税」(7月1日以降)で、住宅用(10kW未満)は、「出力制御対応機器設置義務なし」が

「33円/kWh」で、「出力制御対応機器設置義務あり」が「35円/kWh」です。

FIT開始後、導入が進んでいる太陽光発電の買取価格は、非住宅用・住宅用ともに、3年連続での引き下げとなって

おり、2016年度の買取価格にも注目が集まっています。

大寒(だいかん)

2016/01/21

1月20日(水)

ナカタケ社屋発電量     7.0kw/h

CO2削減量           2.8kg

ナカタケ展示場発電量    86.7kw/h

 

daikan

 

【1/21(木)は大寒です】

 

冬の季節の最後の節気。

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。

小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。

寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われ、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を

仕込む時期です。

屋根瓦・雨漏り修理

2016/01/20

1月19日(火)

ナカタケ社屋発電量     3.0kw/h

CO2削減量           1.4kg

ナカタケ展示場発電量    18.0kw/h

 

img_yanegawara02

 

【屋根瓦・雨漏り修理】

 

雨といは冬の積雪期に屋根雪重みにより変形、破損する事が多いです。

軒樋のゆがみ、曲がりがあった場合、雨水は正常に集水されず補修が必要になります。

受け金物が変形したり外れている場合も雨樋は正常働きができません。

異常が見つかったら小さなことでも迷わずご相談下さい!

瓦のことならナカタケへ!

2016/01/19

1月18日(月)

ナカタケ社屋発電量   1.0kw/h

CO2削減量          0.4kg

ナカタケ展示場発電量    34.2kw/h

 

illust1

 

【創業45年の実績と信頼。職人数、実績、技術共に北陸でトップクラス!!】

 

従来からある和瓦はもちろん、洋瓦、S瓦など窯業系瓦全般。

新築瓦葺き、葺き替え、乗せ替え、一部補修工事。

瓦1枚でもお気軽に声をかけて下さい!

世界のソーラー生活

2016/01/18

週末3日間の発電量

 

1月15日(金)

ナカタケ社屋発電量         7.0kw/h    CO2削減量   2.8kg

ナカタケ展示場発電量      83.1kw/h

 

1月16日(土)

ナカタケ社屋発電量        2.0kw/h   CO2削減量    0.8kg

ナカタケ展示場発電量     49.0kw/h

 

1月17日(日)

ナカタケ社屋発電量      8.0kw/h     CO2削減量    3.3kg

ナカタケ展示場発電量     95.4kw/h

 

SEN03_600_400

 

【カバンがソーラーで光る机に変身!】

 

通学用のカバンと勉強机を合体させた「YELO(イエロ)」。

電気がない農村地区の学校に通い、床上で勉強するインドなどの発展途上国の生徒のためにデザインされたアイテムです。

5kgまでの荷物を収納でき、学校や自宅では勉強机として使えます。
30~35°の角度を付けられるので、勉強時の読み書きに最適で、人間工学に基づいた姿勢を保てる設計にもなって

います。

太陽光発電によって光るLED(発光ダイオード)ライトが付いており、1回の充電で6~8時間の使用が可能です。

小正月(こしょうがつ)

2016/01/15

1月14日(木)

ナカタケ社屋発電量   3.0kw/h

CO2削減量          1.2kg

ナカタケ展示場発電量    43.5kw/h

 

saijiki_100113_a

 

【小正月(こしょうがつ)】

 

今日、1月15日は小正月です。
元日を大正月というのに対して呼んだ名です。
松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれています。
年神様や先祖を迎える行事を行う大正月に対して、小正月は家庭的な行事を行う正月で、盆と同様に大切な節目

でした。

 

大正月には門松を飾りますが、小正月には餅花(もちばな)などを飾ります。

これは、豊作の予祝の大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。

この日の朝には、小豆粥をいただきます。
1年中病気をしないようにと粥をいただく風習が残っています。

また、この日はどんど焼きといって、神社で正月飾りや古いお札などを燃やします。

砂漠の太陽光自立型エコハウス

2016/01/14

1月13日(水)

ナカタケ社屋発電量   2.0kw/h

CO2削減量          0.8kg

ナカタケ展示場発電量    35.0kw/h

 

SEN16_U_01

 

【広大な自然を独り占め! 砂漠の太陽光自立型エコハウス】

 

中東の産油国であり、世界でも裕福な国の1つであるアラブ首長国連邦(UAE)。
これまで富豪たちのショッピングリストに載ってきたのが、豪華なプライベートジェット機や車、ヨットなどの

ラグジュアリーアイテム。

現在、彼らの興味は「サステナブル」に向かっています。

 

ロンドンの企業バハラシュ・アーキテクチャーがUAE南部リワで手がけるエコハウスは、太陽光パネルを用いた

自立型エネルギー供給式建築。

スイッチ1つで外からの視界を遮断してプライバシーを確保できるスマートガラスや、屋内ハーブガーデンが備え

つけられています。
ガゼルやラクダなど野生動物が暮らす美しいリワ砂漠の中で、日常の忙しさから逃れられるセカンドハウスが

人気です。

「ネット・ゼロ・エネルギー」タウン ②

2016/01/13

1月11日(月)

ナカタケ社屋発電量   4.0kw/h

CO2削減量          1.6kg

ナカタケ展示場発電量    49.3kw/h

 

USA04_02

 

【大型太陽光発電システムでクリーンな電力を供給】

 

ウエストビレッジ内のアパートやコミュニティセンターなど、計6つの建物には太陽光発電システムが導入されて

おり、それによって電力供給を行っています。

タウン内では、年間580万kWhの電力が太陽光発電によって賄われています。

昨年のデータでは、コミュニティ全体の電力消費量は700万kWhで、全体の電力消費量の82%が太陽光発電による

ものです。

「ネット・ゼロ・エネルギー」タウン

2016/01/12

1/8(金)1/9(土)1/10(日)1/11(月)の発電量

 

1月8日(金)

ナカタケ社屋発電量         1.0kw/h    CO2削減量   0.4kg

ナカタケ展示場発電量      30.7kw/h

 

1月9日(土)

ナカタケ社屋発電量       11.0kw/h   CO2削減量    4.5kg

ナカタケ展示場発電量    125.4kw/h

 

1月10日(日)

ナカタケ社屋発電量     5.0kw/h      CO2削減量    2.0kg

ナカタケ展示場発電量     87.9kw/h

 

1月11日(月)

ナカタケ社屋発電量     7.0kw/h      CO2削減量    2.8kg

ナカタケ展示場発電量     83.2kw/h

 

USA04_01

 

【米国最大カルフォルニア大学の「ネット・ゼロ・エネルギー」タウン】

 

「ネット・ゼロ・エネルギーコミュニティ」は、街のコミュニティ内の年間電力消費を省エネと創エネ効果の組み

合わせによって事実上すべてを賄い、環境にやさしい暮らしを目指す取り組みです。

カリフォルニア大学デイビス校(University of California, Davis)と大手不動産ディベロッパー(WestVillage Community Partnership LCC.)の提携のもと、現在、米国で最大規模の「ネット・ゼロ・エネルギコミュニティ」の実証事業が行われています。

デイビス校に隣接して建設されるこのコミュニティは「ウエストビレッジ」と呼ばれ、住宅だけではなく、公園、プールなどの公共の施設、オフィス、商店、さらに短期大学なども含めた「タウン」です。

今が旬 1月

2016/01/08

1月7日(木)

ナカタケ社屋発電量    3.0kw/h

CO2削減量          1.2kg

ナカタケ展示場発電量    38.0kw/h

 

amaebi-image480

 

【今が旬!甘海老(あまえび)】

 

あまえびの旬は1~2月。

海水温度の下がる時期がおいしいです。
産卵期は春から夏にかけてで、この期間の子持ちの甘えびは、卵ごと食べることができます。

一度で2000~3000個の卵を産みます。

太陽光発電パネルからの落雪に注意!

2016/01/07

1月6日(水)

ナカタケ社屋発電量    4.0kw/h

CO2削減量          1.6kg

ナカタケ展示場発電量    67.7kw/h

 

20151224_a1

 

【太陽光発電パネルからの落雪に注意! 雪下ろし時は滑りやすい上に破損も】

 

太陽光発電協会(JPEA)は、12月22日より、太陽電池パネルからの落雪事故を未然に防止するため、注意を促しています。

 

1. 地域ごとの気象条件や、設置状況を考慮した落雪事故防止処置を行う。

2. 雪止め工事など対策済みの太陽電池パネルでも、雪が積もった時には用心する。

3. 太陽電池パネル上での雪下ろしをする際には専門業者に相談する。

 

太陽電池パネル上での雪下ろしは足元が滑り易く、また、破損の恐れがあるため原則として行わないように

しましょう。

やむを得ず雪下ろしが必要な場合は、専門業者に相談しましょう。

新年のご挨拶

2016/01/06

original

 

【新年のご挨拶】

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。

本年もスタッフ一同より一層技術の向上に励み、お客様にご満足いただけるサービスを心がける所存です。

今年も、昨年同様のお引き立てをよろしくお願い申し上げます

年末年始の発電量

2016/01/06

年末年始の発電量

 

12月29日(火)

ナカタケ社屋発電量         3.0kw/h    CO2削減量   1.2kg

ナカタケ展示場発電量      49.4kw/h

 

12月30日(水)

ナカタケ社屋発電量       17.0kw/h   CO2削減量    6.9kg

ナカタケ展示場発電量    160.4kw/h

 

12月31日(木)

ナカタケ社屋発電量     3.0kw/h      CO2削減量    1.2kg

ナカタケ展示場発電量     59.6kw/h

 

1月1日(金)

ナカタケ社屋発電量    13.0kw/h      CO2削減量    5.3kg

ナカタケ展示場発電量    138.0kw/h

 

1月2日(土)

ナカタケ社屋発電量         8.0kw/h    CO2削減量   3.3kg

ナカタケ展示場発電量      91.8kw/h

 

1月3日(日)

ナカタケ社屋発電量       17.0kw/h   CO2削減量    6.9kg

ナカタケ展示場発電量    157.6kw/h

 

1月4日(月)

ナカタケ社屋発電量     4.0kw/h      CO2削減量    1.6kg

ナカタケ展示場発電量     63.9kw/h

 

1月5日(火)

ナカタケ社屋発電量     1.0kw/h      CO2削減量    0.4kg

ナカタケ展示場発電量     32.5kw/h

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002