新着トピックス

日本の蓄電池事情

2016/01/25

週末3日間の発電量

 

1月22日(金)

ナカタケ社屋発電量         1.0kw/h    CO2削減量   0.4kg

ナカタケ展示場発電量       8.5kw/h

 

1月23日(土)

ナカタケ社屋発電量        3.0kw/h   CO2削減量    1.2kg

ナカタケ展示場発電量     74.8kw/h

 

1月24日(日)

ナカタケ社屋発電量      1.0kw/h     CO2削減量    0.4kg

ナカタケ展示場発電量     10.8kw/h

 

SJD13_battery_graf

 

【日本の蓄電池事情の今とこれから】

 

経済産業省は2020年に世界の蓄電池市場が20兆円規模に拡大すると予測しています。

蓄電池は再生可能エネルギーの普及に合わせ、電気を安定・安心して供給するキーデバイスとして注目が高まって

います。

なかでも住宅用太陽光発電においては、バックアップ電源として本格的な実用化が始まっています。

また、産業用もビルエネルギーマネジメントやスマートコミュニティの開発により、コージェネレーションシステム(熱電併給)や再生エネ設備と一体となった充・放電システムとして導入が始まろうとしています。

普及への最大の課題はコストの引き下げで、日本は国と企業が協力して、長寿命かつ低コスト化に取り組んで

います。

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002