新着トピックス

彼岸(ひがん)

2017/03/17

3月16日(木)

ナカタケ展示場発電量     228.0kw/h

 

yjimage

 

【彼岸(ひがん)】

 

彼岸とは春分秋分の前後3日を合わせた7日間です。

2017年の 春の彼岸は3月17日~23日です。

 

最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」、真ん中にあたる春分秋分を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

仏教では、私たちの住む世界をこちらの岸、三途の川(さんずのかわ)を挟んで、ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて、こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。
この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。

これは仏教にはない習慣で、日本独自のもので、 中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002