新着トピックス

軽自動車型ハイブリッド電源車

2016/12/02

12月1日(木)

ナカタケ展示場発電量      37.5kw/h

 

20161201_e01

 

【電気とお湯があれば、必要最低限の生活】

 

芝浦工業大学は、スターリングエンジンと太陽光発電パネルを組み合わせ、災害時などに電気とお湯を供給できる

軽自動車型ハイブリッド電源車を開発したと発表しました。

このシステムは、災害地への急な支援に駆けつけられるよう、軽トラックの荷台に収まるサイズで構築されます。

スターリングエンジンにより、3kg(120円程度)の木質バイオマスペレットを1時間燃焼すれば、

「1kWの電力(スマートフォンの充電約70台分)と45℃の200リットルの温水(バスタブ1杯分)」を同時に

作ることができます。

日中は1時間で最大600Wが発電できる太陽光発電パネルにより、夜間や天候不良時、急な大電力消費に備えて

48V・110Ahの蓄電池に充電することもできます。

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002